不当解雇や残業代未払い問題には、労働審判を活用してはいかがでしょうか

いきなりの不当解雇、残業代未払いや賃金未払いなど労働者を悩ませる問題は多くあります。それに対しての泣き寝入りする人も少なくなかったのは、その問題を解決するのには多くの時間や労力、費用も必要であることがあったようです。

ただ、平成18年の4月に労働審判制度が施行されてから、泣き寝入りせずに解決できる手だてができることもあるという労働者には助かる制度を利用する人もいるようです。ネットでは、労働審判の判例も多くでていますので参考にしてみると良いかもしれません。これの特徴は、労働紛争を安く早く解決できるようになった事です。 申し立てをしてからほぼ3ヶ月という期間で調停を行い、それで解決できなかった場合は、労働審判が下されるというものです。

法律事務所では、不当解雇や残業代請求・賃金未払いを得意とする所もありますので、そのような所を探して相談するのも良いかもしれません。初回相談は無料で行っている法律事務所も多々あります。

残業代請求の悩みを解決するなら弁護士に相談!

30代の後半から転職回数が多いと嫌われやすい?

不動産物件を探す時に、30代の後半から転職回数が多いと嫌われやすいという問題があります。特に空白期間や失業期間が長く、手に職がない場合だと入居審査を通れないこともあるので注意が必要です。入居条件に年齢制限や職業の制限がある場合も多く、年を取ると引っ越し先を探すのも大変になるのです。

ただし、転職回数が多くても空白期間がなく、キャリアアップを繰り返してきたような人は心配無用です。また、30代であれば、余程経歴に問題がある場合以外は受け入れてくれる場合がほとんどです。要は、転職回数が多いかどうかということよりも、失業して、家賃が払えなくなる可能性があると思われるようだと不利になるのです。

転職回数が多い人はキャリアアップやスキルアップに努めた方が賢明です。
正社員として働きたい方は、職種に特化した求人サイトを利用すると転職先も見つけやすい傾向にあります。

引っ越し先を探すためにも、転職先を探すためにも必要になることですから、覚悟して取り組むと良いでしょう。厳しいようですが、30代で何のスキルもないのでは、仕事も家もなかなか得られないのが現実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です