例えば、司法書士に任意整理を依頼する場合とは

借金を抱えるケースにはいろいろあると思いますが、住宅や車など高価なものを購入する場合は自力で支払うことは難しいので、専用のローンを活用する場合がほとんどだと思います。

この場合だと住宅ローンやマイカーローンなどの利用が一般的になってくると思いますが、最近はカードローンや多目的ローンなど用途を指定しないで借りることができるローンサービスも増えており、即日で利用することが可能でなおかついつでも自由な借り入れができるカードローンは特に利用者数も多くなっています。

多少お金がかかっても、年に一度のおせち料理や蟹鍋などは美味しいものを食べたいですよね。正月かにの通販にオススメ!に紹介されているようなジューシーなカニのお取り寄せもいいと思います。和牛のようなちょっと高級な感じが年末グルメにはぴったり。

そこでついつい借り過ぎて返済することができなくなるケースもありますが、その場合は借金問題を図ることが大切で任意整理という方法によって借金の問題を解決することができることもあります。
任意整理は借金の総額を変えることなく返済スケジュールなどを見直して借金返済を進めていく方法ですが、自分で手続きをすることができるのはもちろんのこと法律の専門家に依頼して任意整理を進める方法もあります。

その際に弁護士と司法書士に依頼するという選択肢があると思いますが、弁護士に比べると司法書士に依頼する方が費用面では割安になっていることが多くなっています。
ただし、任意整理で問題解決をすることができなかった場合は特定調停や個人再生、場合によっては自己破産というステップに移行することになりますが、その場合は司法書士だと制限されることがあるので状況に応じて依頼先を考えるようにしましょう。

任意整理にかかる時間

借金を抱えている状態の場合に多重債務の状態になって返済が滞っているような場合は収入が減ってしまうことによって返済することが難しい状態になっているケースもあるかもしれません。
いずれにしても返済することが難しい状態になっているのであれば問題を放置するのではなくきちんと対策を考える必要が出てきますが、その方法としておすすめするのが任意整理で借金の総額を変えることなく借金整理を進めていくことができるメリットがあります。

裁判を通すわけではなく基本的に金融機関との直接交渉によって話を進めていくことになるので、時間については他の債務整理に比べると早いのが特徴になりますが、同時進行で過払い金の請求などを行うケースも多いので、その場合は時間が余計にかかってしまいます。

スムーズに進めば一ヶ月以内に任意整理は完了することもありますが、大抵の場合は数カ月という日にちは必要になり、特に個人で借金整理を進めていく場合はそれだけ時間が余分にかかってしまうことになります。
弁護士や司法書士に依頼をして借金整理を進めるケースもあると思いますが、法律の専門家によって手続きにかかる時間などは異なっており、実績があるところになるとそれだけスムーズに債務整理は進みます。

任意整理はペナルティが少ない債務整理にはなりますが、施行するとブラックリストに名前が入ってしまうので新しくお金を借りようと思っても借りることができないという点には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です