定番おせちもいいけれど、たまにはアレンジしてみた正月料理もいいよね

みなさんはお正月料理というと、何を思い浮かべますか?
人それぞれでしょうけれど、親戚一同で集まってお正月料理を囲むことが比較的多いのではないでしょうか。もしくは、家族水入らずで、自宅でのんびりとお正月を過ごすというファミリーもいらっしゃるでしょうし、仕事や学校の関係で帰省するのが難しい場合には、一人での新年を迎えるという場合もあるかもしれません。

いずれにせよ、一年の区ぎりということで、普段をは違った気分で、口にする食事もやや伝統的なものになることがおおいのではないでしょうか。代表的なのはおせち料理ですが、おもち料理を食べることも多くなります。また、新年会などのように仕事仲間や友人で集まって外食をする機会も増えがちなので、ちょっと胃腸には負担がかかる料理を食べる機会が多くなることから、胃を休めるための七草粥を食べる風習もあります。

おせち通販なら2019年のおすすめはお取り寄せ

お正月に来客の機会が多いような場合には、テーブルコーディネートにもこだわりたいものです。よく玄関などはお正月の飾り付けをしているご家庭はよく見かけますが、お部屋の中をどのように飾り付けしていたり、テーブルコーディネートしているのかみかける機会は少ないです。そこはもうおしゃれ雑誌やインスタにアップされている素敵なお宅を参考にするなど、インターネットで調べてみるとけっこう素敵な飾り付けがみつかるので、参考にしてみるのもよいのではないでしょうか。

来客の時のおもてなしも普段とはちょっと違ったものを用意できると、喜んでもらえます。また、通常のおせち料理を少しアレンジしてみたり、お正月のマナーやことわざを学んで、知識のブラッシュアップをこの機会にはかってみてはいかがでしょうか。

おせち料理の詰め方ひとつとってみても、独特の手順というかやり方があり、勉強になるものです。年に一度なので時々チェックしておくとよいかもしれません。また、飾り切りにもやり方が複数あるので、毎年定番の飾り切りをしている場合には、たまに新しい作り方にチャレンジしてみるのも新鮮ですよ。

飾り切りの中でも手軽にできるのは、手綱かまぼこや市松かまぼこでしょうか。紅白の色がきれいにでてお正月らしさもアップします。また、少し作る手間はかかりますが、ねじり梅や花形れんこんもあると、見た目にも楽しむことができますので、ちょっとチャレンジしてみたいという場合にはおすすめです。菊花かぶも見た目に華やかさがあるので、時間的にできれば作ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です